安い値段で住みたいなら狭小住宅がベスト!

家

記事リスト

土地価格が魅力です

一軒家

埼玉県は東京都に比べると土地価格も安く購入できるので、東京都に通うサラリーマン家庭に高い人気となっている住宅エリアです。広い土地を購入して自分の理想とするマイホームを建築する事も可能ですから、注文住宅の建設をする方も多数います。

詳細を読む

エリアに特化した住まい

インテリア

規制も考慮できる

都心回帰が話題性を集め、東京などの都心部へ居住するスタイルが広がり、不動産の価格の問題から、狭小住宅が普及しています。特に30代の働き盛りの年代にとって、家は小さくとも利便性や家族との時間を優先したい考えが多く、そのため狭小住宅が評価されています。東京の不動産には素人目には分からない建築法規もあり、住宅が完成したものの、図面上のイメージのギャップも生じるケースも多々挙げられています。設計の専門家の携わりは重要で、例えば、狭小地は南道路に間口があれば土地の評価も高いのが特徴です。この場合、陽当たりなど、採光の確保も生活する上でポイントで、設計者の培ったノウハウが活かされた自然条件にも配慮した住宅が提案されます。例えば、南面が道路に面し、大きな窓で採光を意識すると、通りから丸見えですが、天窓を利用して近隣の視線を避けた外光を取り入れることも可能です。

間取り図のポイント

近年東京エリアで提案される狭小住宅の特徴として、間取りに一定した法則が挙げられています。例えば、一戸建てでも平屋ではなく、2階あるいは3階建てであったり、一定の明るさが確保できるためにリビングを2階に配置するのも特徴です。狭小住宅では敷地が狭いために、庭が設けられていないものの、屋上に庭園を設けたり、ビルトイン駐車場など、箱型に上手くはめ込むケースが大半です。1階部分を駐車場とするのも、延床面積の5分の1までならば容積率に算入されないため、空間を上手に活かすことが可能です。カー用品や趣味のツールなどの収納庫や、作業スペースを作るケースも東京での住宅で増えています。狭小住宅の欠点やデメリットもあるため、妥協できない部分が増え、その分、注文住宅さながらのこだわれる設計が評価されています。居室を小さくしても収納を広く確保することによって、間取りの難点を解決するなど、収納の作り方も話題です。

新興住宅地で住宅を探す

ウーマン

宝塚の新興住宅地の新築一戸建てのメリットとして、新しくてきれいな住宅に住めたり、人間関係のトラブルが少なく生活に便利な設備が揃っているという点が挙げられます。宝塚で新築一戸建てを探す場合は、あらかじめ条件をはっきりさせて、優先順位を付けておくと探しやすくなります。

詳細を読む

理想の家づくり

積み木

新築一戸建ての購入時には、プライバシーに配慮した空間になっているのかを考えておきましょう。周辺環境に問題がある場合は、慌てずに再検討をしてみると良いです。寝屋川で自分達の暮らしやすい住宅を手に入れるためにも、時間をかけていろんな物件を見て回ってみましょう。

詳細を読む